×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

会いたくて~桜side~

千春「李君ってやさしいよね!さくらちゃんの為に気を使ってくれたんだね!」

奈緒子「そうだね!千春ちゃん!」

千春「あいつ、何かさあ、私にさくらちゃんと奈緒子ちゃんの足を引っ張らないようね!なんて言うのよ!酷くない!」

奈緒子「そうかなあ?山崎君なりの優しさじゃない!」

千春「そうなの?私、山崎君事、よく分からない!さくらちゃんはどう思う?山崎君、酷いよね?」

桜「う、うん!そうだね!千春ちゃん!はぁ!」

(やっぱり、あの時、小狼君に一緒に帰ろうって言えば良かったよぉ!)

千春・奈緒子「さくらちゃん、どうしたの?」

桜 「ううん、でも、ないよ!千春ちゃん!奈緒子ちゃん!」

千春「じゃあ、練習、始めよっか!」

桜・奈緒子「うん!」

桜(小狼君に会いたいよぉ!)

千春・奈緒子「さくらちゃん、危ない!」

桜「ほえええ!」

 バトンが桜の頭の上に落ちて来た。

桜「あいたた!バトンの頭の上に落ちちゃった!」

千春・奈緒子「大丈夫?」

桜「大丈夫だよ!」

知世「皆さんのユニフォームが出来ましたので、持って来ましたの!後、差し入れも、持って来ましたのよ!」

 そこへ、マネージャー?の知世が現れた。

桜・千春・奈緒子「有り難う、知世ちゃん!」

千春「休憩!」

知世「早速、ユニフォームに着てみて下さいな!」 

一同「はい!」

 知世の作ったユニフォームに着替える。

一同「わ~!素敵!」

知世「皆さんに気に入って頂けて私、嬉しいですわ!さくらちゃん!どうかなさいましたの?」

千春「何か、さっきから変なの!ね、奈緒子ちゃん!」

奈緒子「うん!」

知世(さくらちゃん!まさかと思いますが、李君の事で、・・・・・)

桜「ねえ、知世ちゃん!これも、知世ちゃんが作ったの?」

知世「こちらは私が作った物ではありませんわよ?さくらちゃん!」

桜「えっ?!そうなの?知世ちゃん!」

千春・奈緒子「そうなんだ!一体、誰が作ったの?」

知世「こちらは李君がお作りになられた物ですわよ!」

 知世は皆の問いに答えた。

桜「小狼君にお礼を言わなきゃ!」

千春「それは部活が終わってからにしよっか?さくらちゃん!」

 桜は千春に引き留められた。

桜「だよね!」

(部活が終わったら、小狼君にお礼を言いに行こうかな!)

終わり

<コメント>

 完結編です。後、ちょっとだけ修正しました。(2011/11/12)

Top 前へ 二次創作小説 Menu