×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

雨寺神社の豆まき―夜2―

―尾崎家(小梅・つくし・さくらside)―

 家のチャイムを鳴らした。

修人・賢人「は~い!」

小梅「こんばんわ!しゅうくん、一緒に行こ!」

修人「うん!」

つくし「こんばんわ!修人!賢人!一緒に行こう!」

修人・賢人「うん!」

さくら「こんばんわ!賢人!一緒に行こう!」

修人「俺、賢人じゃないって!」

小梅・つくし「いや、そっちじゃないって!賢人くん/賢人はこっちだって!」

さくら「そうだっけ?いや、双子だから見分けがつかなくて!」

賢人「てかさ~、立ち位置からしてさ、左が僕、右が修!」

さくら「えっ?そうだった?ごめん!」

修人・賢人「いいよ!」

賢人「あっ!そんな事よりつくし?」

つくし「どうしたの?賢人?」

賢人「うちのお姉(夢)の事、誘わなくていいのか?」

小梅・さくら「賢人くん?/賢人?」

つくし「えっ?賢人?/////」

修人「賢?ちょっと、それは・・・・・まずい、じゃあ~ない?」

小梅・さくら(たしかに!)

つくし「あれ?なんか僕の事、忘れられてるような?」

賢人「はい?おまえさ~、何言ってんの?修?好きなら、誘えばいいじゃん?」

修人「ええっ?いや、・・・・・その・・・・・なんていうか、・・・・・」

賢人「おまえ、ホントにはっきりしない奴だな?おまえの好きな女の子ってたしか、花火っていうんだっけ?僕がもらっちゃうよ?」

小梅・さくら・つくし「ええっ?マジで?」

つくし「いつから?」

賢人「出逢ったその日から!/////」

さくら(何それ?賢人にはさくがいるのに!あの女~!)

修人「うん!/////」

つくし・小梅「そうなんだ!」

賢人・修人「小梅ちゃん/こうちゃんは?」

小梅「えっ?私?/////私はヒ・ミ・ツ!/////」

賢人・修人・さくら・つくし「教えて!」

小梅「いつかね!/////」

<おまけ>

賢人「もう一度聞くけど、つくし?」

つくし「どうしたの?賢人?」

賢人「うちのお姉(夢)の事、誘わなくていいのか?」

つくし「うん!そうする!夢姉ちゃん!/////誘おうかな!豆まき!/////」

つくし「夢姉ちゃん!/////一緒に行こう!/////」

夢「うん!いいわよ!つくしくん!/////」

<あとがき>

Cyacya(茶々)です!今回は彼らの好きな人についてでした!小梅ちゃんの好きな人については、またの機会に!

そして、次回は、きょうちゃんと紅葉ちゃんの対決です!はたして、勝敗の行方は?

お楽しみに!

Top  Menu 前へ 次へ 記念小説