×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

爽歌の手作り弁当

輝(ひかる)「一度、星野の手作り弁当が食べたいなあ!」

爽歌(さやか)「鈴木君、ごめんなさい!私、料理を作った事ないんです!」

輝「そうなのか?」

爽歌「はい!料理はお母さんが作ってるんです!」

輝「星野の伯母さんがかあ!うん、でも、俺は星野の手作り料理が食べたいぜ!」

爽歌「上手く作れるか、わからないんです!それでも良いですか?鈴木君!」

輝「おう!明日、作って来てくれ!星野!」

爽歌「明日ですか?わかりました!頑張って作って来ますね!」

それを聞いていた御曹司の鈴木事、鈴木忍は伊藤ちひろにこう言った。

忍「伊藤、明日、俺に弁当を作って来い!」

ちひろ「忍、それさあ、人に頼む言い方なの?もっと、言い方を考えなさいよ!忍!」

忍「何だと?俺様に指図するのか?伊藤!とにかく、明日、眼鏡女より美味しい弁当を作って来い!わかったか?伊藤!」

ちひろ「はいはい!わかったわよ!眼鏡女じゃなくて、星野爽歌ちゃんでしょ?」

(何で、爽歌ちゃんと対抗しなきゃ、いけないのよ!)

忍「眼鏡女で十分なんだよ!それとはい!は一回だ!」

ちひろ「はい!」

忍「お、/////俺はお前の料理は美味しい事を知っている!もう一度、食べたい!」

ちひろ「そ、そんな事ないわよ!/////忍!/////」

忍「と、/////とにかく明日、俺様がびっくりするくらい美味しい弁当を作って来い!わかったか?伊藤!」

ちひろ「わかったわよ!びっくりするくらい美味しい弁当ね!」

忍「ああ、期待して待ってるからな!伊藤!」

(鈴木輝ヤロー!ニヤニヤしてるのは今のうちだ!)

ちひろ(そんな期待されても、困るわよ!忍!/////忍ってホントに輝事、嫌いなのね!)

まさか、そんな事が起こっているとは輝と爽歌は知りませんでした。

おわり

<コメント>

 好きです!鈴木くん!初書きです。何かぐだぐだなってすみません。後、輝君と爽歌ちゃんは全く2人に気づいてません。LOVE×2ですね。(2011/11/12)

Top 二次創作小説 Menu