×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

××××××が売り切れ

この物語は管理人のチョコレートを食べた感想を元にしたものです。

<××××××が売り切れ>

小狼「はああ~!」

山崎「ため息なんかついて、どうかしたのかい?李くん?」

小狼「新商品のチョコレートが売り切れだったんだ!」

山崎「新商品のチョコレートってなんだい?」

小狼「スペシャリテのガトーショコラ味のチョコレート!」

山崎「ああ、スペシャリテのガトーショコラ味のチョコレートか~、僕も買おうと思ったんだけどね~、」

小狼「いったい、何を買ったんだ?」

山崎「明治のマンゴーチョコレートだよ!君も、食べるかい?」

小狼「ああ!」

山崎「味は、どうだい?」

小狼「微妙だな!」

山崎「確かにそうだねえ!」

小狼「って、おまえ、まさか、俺をはめたのか?」

山崎「あははは!何の事だい!」

小狼「とぼけるなあ!山崎~!」

(はああ~!聞かなければよかった~)

終わり

<あとがき>

初めの拍手話です!スペシャリテのガトーショコラ味の売り切れだった!というのは嘘です!本当は売り切れ寸前だった!(何枚かしか残っていなかった!)

小狼くん、ごめんね!ガトーショコラ味、美味しかったよ!また、売ってくれないかなあ!

他の味(銀座コージーコーナーのラム酒のケーキ味,銀座コージーコーナーのマロングラッセ味)も、美味しかった!

銀座コージーコーナーのラム酒のケーキ味は他のお客さんは、あまり好みじゃなかったみたいです!私は銀座コージーコーナーのラム酒のケーキ味好きです!

 Top Menu キーワード小説