×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

千春ちゃんと山崎くんの結婚

 私は山崎くんに呼び出された。

山崎「千春ちゃん!君に言いたい事があるんだよ!」

千春「何?山崎くん!」

山崎「僕と結婚してくれるかい?」

千春「あんた、本気で言ってるの?結婚してなんて嘘だよね?」

山崎「嘘じゃないよ!千春ちゃん!僕は本気だよ?」

千春「えっ?ホントに?」

山崎「ホントだってば!千春ちゃん!信じてよ!」 

千春「信じていいのね?山崎くん?」

山崎「うん!それよりさ~、千春ちゃん」

千春「なあに?山崎くん?」

山崎「いいかげん「山崎くん」なんて呼ぶの辞めてくれるかい?」

千春「わかったわよ!たっ貴史くん!」

山崎「なんか、ぎこちないな~!」

千春「何よそれ?折角、がんばって名前言ったのに~!その言い方何?酷いんだからね!」

 その話きいていたさくら達は、

知世「千春ちゃんと山崎くん、20代になっても、変わりませんわね!さくらちゃん!李くん!」

さくら「うん!そうだね知世ちゃん!でも、ホント、2人とも仲良いよね?」

知世「ええ、そうですわね!さくらちゃん!」

小狼「ああ!そうだな!さくら!」

<二ヶ月後>

さくら・奈緒子・利佳「千春ちゃん、山崎くん、結婚おめでとう!」

知世「千春ちゃん、山崎くん、結婚おめでとうございます!」

小狼・寺田先生「三原、山崎、結婚おめでとう!」

苺鈴・観月先生「三原さん、山崎くん、結婚おめでとう!」

エリオル「三原さん、山崎くん、結婚おめでとうございます!」

千春・山崎「みんな、ありがとう!」

 私達は結婚した。

<あとがき>

私のブログ小説の修正版です!この小説はフリーなのでお持ち帰りはご自由にどうぞ!報告はご自由にどうぞ!

Top Menu 記念小説