×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

僕と少女顔の君~山崎くんの憂鬱~

<イントロダクション>

君は何故か、僕の友達の口癖に似ていた。

―姿は違うのにどうして、なんだい?僕の考え過ぎかい?

<僕は君にすれ違った>

―登校途中―

少女顔の少年「ああ、遅刻だ!今日は週番だって言ったのに、結衣の奴~!」

 いらいらしながら、少女顔の小さな少年が僕達の横を自転車で通り過ぎて行った。

山崎「ねえ、千春ちゃん!」 

千春「なあに?山崎君?」

山崎「何かさ~、喋り方李君に似てない?」

千春「気のせいじゃないの?」

山崎「そっか~!」

千春「それに李君には、妹居ないでしょ!」

山崎「そうだね~!でも、妹の様な子はいるよ!」

千春「いとこの苺鈴ちゃんか!」

山崎「そうだよ!2人共、元気かなあ~!」

千春「苺鈴ちゃんは元気だと思うけど、李君は、どうなんだろうね?」

山崎「さあね!僕に連絡くれないし、わからないよ!」

千春「そうなんだ!気になるんだったら、連絡してみたらどう?」

山崎「そうするよ!」

―小学校―

山崎(結局、李君に連絡出来なかった!)

桜「おはよう!」

知世「おはようございます!さくらちゃん!」

千春・奈緒子・利佳「おはよう!さくらちゃん!」

山崎「あ、うん!おはよう!木之本さん!」

(君は何故か、僕の友達の口癖に似ていた気がするけど、姿は違うのにどうして、なんだい?僕の考え過ぎかい?)

「はぁ~!」(ため息)

桜「ねえ?知世ちゃん?」

知世「どうかなさいましたの?さくらちゃん?」

桜「あのね、知世ちゃん!山崎君、なんか、元気ないよね?」

知世「確かにそうですわね!何かあったんでしょうか?」

桜「そうだよね!知世ちゃん!心配だね!山崎君!」

(どうしたんだろ?山崎君!千春ちゃんに聞いてみようっと!)

「あのね、千春ちゃん!山崎君の事で、聞きたい事があるんだけど?なんか、あったの?」

知世「私も、山崎君の事で、お聞きたい事がしたい事がありますの!何かありましたの?」

千春「うん!登校途中に男の子すれ違ってね、ずっと、あんな感じなの!」

桜「そうなんだ~!」

知世「そうですの!もっと、詳しく話して下さいませんか?千春ちゃん!」

千春「うん!あのね、とても、言いにくいんだけどね、山崎君たらね、李君に似てるとか、可笑しな事、言うのよ!」

桜「ほえ?小狼君に?」

知世「え?李君にですか?」

桜「どこが、小狼君に似てるの?」

千春「喋り方だよ!」

桜「そうなんだ~!」

知世「そうですの!」

千春「あんた、ねえ!」

山崎「何だい?千春ちゃん?」

千春「いいかげんにしたら、どうなのよ?ねえってば!」

山崎「って言うけどね?千春ちゃん?李君に似てるんだよ?彼は!」

千春「まあ、そうだけどね!そんなに気になるなら、一度、会ってみたら、どうなのよ?」

桜「千春ちゃんの言う通りだよ!会ってみたらいいと思うよ?」

知世「そうですわね!お会いしてみたら、どうでしょうか?」

(おもしろそうですわ!)

山崎「ええっ?何を言ってるんだい、君達は?」

千春「まあ、会うだけなら、いいんじゃない?」

山崎「わかったよ!千春ちゃん!会ってみるよ!」

(会うだけなら、いいよねえ?)

―下校途中―

女の子「体育の授業、長距離だったじゃない?走るのあの子に結局勝てなかったの!もうちょっとで勝てるとこだったのに!」

Top 二次創作小説 次へ Menu