×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

誰にあげるの?前編(オリジナル)

 もうすぐ、バレンタインデーです。

 土曜日、強と紅葉はあきらの家に遊びに来ていた。

紅葉「ねえ、あきらちゃん!」

あきら「うん?何だ、紅葉?」

紅葉「もうすぐ、バレンタインデーだよね?」

あきら「ああ、それがどうかしたのか?」

紅葉「あきらちゃんにチョコあげようかなって、思って?」

あきら「ありがとう!」

(どうせ、義理だろう?それでも、うれしいな!)

強「紅葉ちゃん!俺の分はねえのか?」 

紅葉「はあ?あるわけないでしょ!」

強「いつも、相談に乗ってるのに!何でだよ~?」

紅葉「えっ?そうだっけ?」

あきら「今の何の話だ?」

2人「いや、何でもない!あははは!」

あきら「?」

強「あきら、チョコくれ~!」

あきら「はあ?」

紅葉「あげなくていいから!」

 強は紅葉の事を無視して言った。

強「誰かにあげる予定でもあるのかよ?」

あきら「うん、まあ、あるけど?」

強「誰にあげるんだよ?」

紅葉「私も、気になる!」

あきら「ナイショだ!」

2人「え~?何で?」

あきら「そんなに気になるか?」

2人「お願い教えて!」

あきら「好きな人/////と友達にあげるんだ!」 

2人「好きな人と友達って誰?」

あきら「好きな人?/////それは、・・・・・言えない!/////」

2人「え~?何で?」

あきら「ナ、ナイショだ!/////友達は6年の頃、世話になった人だ!」

紅葉「ふ~ん、そうなんだ!」

強「どんな奴なんだ?」

あきら「僕より、背が高くて、目が細い人だ!」

2人「ふ~ん、そうなんだ!今度、紹介して!」

あきら「うん!」

 

Top  後編へ Menu 記念小説