×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

逆チョコ前編(カードキャプターさくら)

 今年は、逆チョコです。

―中学2年、1月末―

 昼休み

知世「さくらちゃん!今年は、逆チョコなのだそうですわ!」

桜「へえ、そうなんだ!」

一同「!!!」

山崎「逆チョコっていうのはねえ、・・・・・」

千春「山崎くん、ま~た、うそをつもりでしょ?許さないんだからね!」

山崎「まだ、何も言ってないのに~!何で~?」

知世(また、今年も千春ちゃんに怒られてらっしゃいますのね山崎くん、こりませんわね!オホホホホ!)

桜「ほえ?何か言った、ともよちゃん?」

知世「あら?さくらちゃん、私、何も言ってませんわよ!気のせいですわ!」

桜「ほえ?そうなの?」

知世「そうですわ!オホホホホ!」

桜「ほえ!?何?」と困っている。

 ガラガラッと扉が、開く音がした。小狼が教室から出ようとすると、

一同「!!!」

山崎「ねえ、李くん!何処行くんだい?」

小狼「と、図書室に行くんだ!」

山崎「ふ~ん、そうなのかい?」

小狼「なんだ~、その言いかたは?」

(こいつは、何を企んでいるんだ?)

山崎「いや、もしかしたら、李くんが、逆チョコの事、知らないんじゃないかと思ってさ確認しただよ!もしかして、知らないのかい?」

小狼「知ってる!スーパーのお菓子売り場で、見かけたから知ってる!そ、それに、『今年は、逆チョコ!男性から女性にチョコレートを贈ろう!!』って、ポスターが、貼ってあったぞ?そんなことより、山崎おまえは、三原にチョコはあげないつもりか?」

山崎「う~ん、その事なんだけどねぇ~?それは、千春ちゃんによるけどねぇ?場合によっては?あははは!」

 山崎は、千春を見て言った。

小狼「・・・・・?!」

桜・知世・奈緒子・利佳「?!」

千春「私が、何だって?(怒)」

桜「ほえええええ!」

知世・奈緒子・利佳「きゃあああああ!」 

小狼「うわわわわわ!」

 千春は、黒板へ向かい、黒板で立ち止まり、チョークを山崎に向かって投げた。しかし、チョークは山崎に当たらず、小狼に当たりそうになるが、片手でキャッチした。

知世(さすが、李くん!すごいですわ!)

小狼(いつもより、激しすぎるだろ!)

山崎「千春ちゃん?君ねえ、いきなり、何するんだい?チョークはねえ、書く物だよ?」 

桜(ほえ?そっち?)

千春「えっ?そっちなの?」

山崎「じゃあ何で、(チョークを)投げるんだい?」

千春「あんたが、変な事言うからでしょ?」

小狼(彼女が、さくらでよかったぁ!)

千春「山崎くん、バレンタインチョコくれるの?」

山崎「うん!さっきみたいな事しなければねえ?」 

千春「しないわよ!」

山崎「わかったよ!千春ちゃん!待っててね!」

千春「うん!」

(何か、気になるけど、まあいっか!)

 山崎「李くん!僕も、図書室行っていいかい?」

小狼「ああ!」

桜「小狼くん、私も、行く!」

小狼「いや、さくらは来なくていいから!」

桜「ほえ?何で?」

小狼「山崎と話したいことがあるから、ごめんさくら!」

桜「うん!わかった!小狼くん!」 

小狼「山崎、行くぞ!」

山崎「待って、李くん!」

 ガラガラッと扉が、閉まる音がした。2人は教室から出て行った。

             <おまけ>

桜「あっ!そうだ!知世ちゃん!」

知世「あら?どうかなさいましたの?さくらちゃん?」

桜「あのね、知世ちゃん!私ね、お世話になった子にチョコあげたいの!」

知世「それはいい考えですわね!何方に?」

(もしかして、わ・た・く・しにもくださるんでしょうか?ああああ~うれしいですわ!さくらちゃん!)

桜「知世ちゃん、千春ちゃん、奈緒子ちゃん、利佳ちゃん、山崎くん!」

知世(あらまあ?そんなに?私とした事が、うかつでしたわ!さすが!さくらちゃん!)

「さくらちゃん?」

桜「なあに?どうしたの?知世ちゃん?」 

知世「さくらちゃん!私や千春ちゃん達ならわかりますけど?どうして、山崎くんになんですの?」 

桜「あのね!いつもがんばってなあって思ったから!」

知世「あっ!そうですわね!わかりましたわ!」

(まあ、よろしいですわ!そんな事より、私はさくらちゃんのチョコレートが楽しみですわ!今年はどんなチョコレートを頂けるんでしょうか?とても、楽しみですわ!)

続く

Top 後編へ Menu 記念小説